現在の看護業界について

26.08.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

日本のこれからの大きな課題である高齢化社会これに対しては、
看護業界も直面し解決していかなければならない大きな課題の一つと言えます。

大きく看護業界はどのような仕事場があるのでしょうか。

看護師と言えば病院で勤務しているイメージが強い人も多いでしょうが、それだけではありません。
個人病院はもちろんの事、老人施設や障害者施設等でも看護師は必要とされています。

最近では、保育園でも看護師の必要性が高まっておりいわば看護業界に求められる専門性は多種多様と言えます。
深刻な医師不足が目立っていますが、看護師も同様で人手不足は否めません。

ただ非常に専門性の高い仕事だけに待遇面では他の業界と比べるとかなり高待遇と言えます。

しかし結婚や出産を機に一度退く人も多くその後復帰して看護師を続けても
比較的気軽に働けるポジションを希望される方も多く看護師業界のバランスも難しいようです。

人手不足の中、求められている夜勤を専従でやる夜勤専従看護師なども出てきており、
それぞれの生活リズムに合わせた勤務条件を
上手に回しながら業務を続ける事で現在の看護業界は成り立っています。

これからもっと高齢化が進むにつれて介護業界でも多くの看護師が求められるようになりそうです。